DVDコピーがしたいときには業者へ

DVDコピーをしたいけれどやり方が分からない・・・そういう時は業者へお願いしましょう。 - DVDコピー業者を使う場合に知っておきたオプションサービス

DVDコピー業者を使う場合に知っておきたオプションサービス

DVD業者は身近でも店舗が増えていますが、インターネットでも利用できます。
DVDコピーを利用する場合に便利なオプションがあります。
今回は【DVDコピー業者を使う場合に知っておきたオプションサービス】をまとめておきましたので参考にしてみてください。
自宅でDVDにコピーする場合と異なり、プロの業者を使うとメリットがあります。
1番目は<DVDディスクの盤面にデザインをプリントできる>サービスです。
自宅にプリンターがない場合でも素敵なDVDができあがります。
ビジネスで利用する場合は、テキストデータだけ印刷することもできます。
オリジナルのデザインを制作してプリントすることもできます。
DVDコピー業者の中には、顧客の希望にあわせてデザインしてくれたりテンプレートを用意しているところもあります。
2番目は<DVD作成・オーサリングサービス>です。
結婚式や披露宴などのイベントを動画撮影してあっても、映像として綺麗に編集できなくてお蔵入りになってませんか?
こういった動画映像をショップに持ち込んで相談してみましょう。
あなたが残したいシーンなどのリクエストを伝えるだけでOKです。
オリジナルの素敵な映像が出来上がります。
動画ソフトやパソコンの苦手な人には重宝するサービスです。
これ以外にも、<コピーガード>をつけてDVDを不正コピーされないようにしたり、DVDを収納するケースを選べるDVDコピー業者もあります。
zffgytd
追加の料金は筆ようになりますが、個人で機器をそろえるのは無駄も多いです。
気軽に利用できるのでお祝いなどのプレゼントにも良いと思います。
DVDコピー業者を使うシーンが増えてきています。
デジタルカメラ・スマートフォン・デジタルビデオなど写真や動画を撮る機会が増えているからですね。
写真の枚数が増えたり、大容量の動画になりますとFacebookなどでアップロードできるのも限界があります。
配布してい場合は、DVDコピー業者を利用することもあるのです。
今回は【DVDコピー業者を利用する場合に入稿するもの】を説明します。
一般的にDVDコピー業者にデータ入稿する場合には次のようなものが必要です。
ジャケット印刷やラベル印刷をすると仮定します。
1番目はDVDコピー業者が用意している<発注書>です。
所定のものに記入するか、インターネットのフォームに入力しましょう。
疑問点があれば質問するといいです。
特に印刷関連のものは専門用語もありますので気軽に聞いておくことです。
2番目は<サブマスターディスク>です。
お手持ちのメインデータを提出してしまうと、何かトラブルが起こった場合に全部のデータが消えてしまいます。
ですから提出する場合はマスターデータではなくて、コピーしたものを提出してください。
3番目は<レーベル(ラベル)印刷用のデータ>です。
この印刷用のデータと出力見本を提出するのが一般的です。
4番目は<ジャケット印刷用のデータ>です。
こちらも3番目と同じようにジャケット印刷用出力見本を添付します。
提出したサブマスターデータ・印刷データは製品納品時に返却してくれます。
出力見本に関しては、印刷物か編集ができないjpgなどのデジタルデータで提出します。
フォトショップやイラストレータ形式は不可のケースが多いです。
提出したデータをDVDコピー業者がチェックして問題がなければ作業に入ってくれます。